FC2ブログ
    ブログ!新鮮と美味しさのテイスティ・モーサルズ
    今日1日の出来事。 美味しい食材や料理、そしてレストランの紹介の他、 新鮮で美味しく届けるための世界的・日本最新技術やその設備について、体験したこと、豆知識といった情報をお届けします。
    南麻布の天現寺近くのタルトフランベのお店。ラシゴーニュ
    東京美食logo


    P4050050_convert_20120512180421.jpg P4050051_convert_20120512180450.jpg
    P4050052_convert_20120512180507.jpg P4050080_convert_20120512181158.jpg
    P4050057_convert_20120512180602.jpg P4050077_convert_20120512181100.jpg

    La Cigogne(ラシゴーニュ)は南麻布の天現寺近くにある
    フランス・アルザス地方のタルトフランベの日本初の専門店。

    タルトフランベは、フランスの北部、
    ドイツの国境付近の独特の郷土料理で
    生乳を乳酸発酵させて水分を除去した
    乳脂肪分が0%のヘルシーな非熟成チーズ
    「フロマージュブラン」を
    ピザ生地のような薄く伸ばしたパン生地に
    まんべんなく広げて焼いた料理です。

    「フランベ」は炙る、焼くという意味で、
    味としてはイタリアのピザに比べかなりあっさりとした味。
    甘くないタルトです。

    オニオン、ベーコンを乗せて焼いたのが
    アルザスで一番オーソドックスなタルトフランベ、
    トラディショネルだそうです。

    このお店、ミシュラン・ポンヌ・プティット・ターブルでも
    紹介されているお店ですが
    残念ながら2012/5/25で閉店だそうです。

    ということで以前お伺いしていた画像をあわててアップしました。
    今なら駆け込み間に合います。

    ※ラシゴーニュURL:http://www.lacigogne.co.jp/

    いただいたのは

    P4050067_convert_20120512180822.jpg P4050066_convert_20120512180801.jpg
    P4050068_convert_20120512180844.jpg
    トリンバックアルザスコキヤージュ
     ほのかな酸味が合って
     ドライな切れ味とフルーティーな香りの白ワインです。

    ランチはタルトフランベのコースをいただきました。

    P4050054_convert_20120512180527.jpg P4050056_convert_20120512180545.jpg
    キャロット・ラペ
     ニンジンサラダ

    P4050062_convert_20120512180702.jpg P4050063_convert_20120512180719.jpg
    P4050060_convert_20120512180621.jpg P4050061_convert_20120512180641.jpg
    P4050064_convert_20120512180741.jpg
    本日のタルトフランベ
     干しぶどう、マッシュルーム、レンコンが入っていて
     少し甘めのミートソースにシナモンパウダーがかかっています。
     デザート感覚。

    アラカルトで夜のメニューの一品を追加でいただきました。

    P4050070_convert_20120512180902.jpg P4050071_convert_20120512180923.jpg
    P4050072_convert_20120512180946.jpg P4050073_convert_20120512181003.jpg
    P4050074_convert_20120512181023.jpg P4050076_convert_20120512181042.jpg
    ブルゴーニュ風つぶ貝のガーリックバター焼き
     エスカルゴ風のソースでつぶ貝の食感が楽しめます。

    P4050078_convert_20120512181120.jpg P4050079_convert_20120512181140.jpg
    カフェラテ

    東京美食logo
    スポンサーサイト