FC2ブログ
    ブログ!新鮮と美味しさのテイスティ・モーサルズ
    今日1日の出来事。 美味しい食材や料理、そしてレストランの紹介の他、 新鮮で美味しく届けるための世界的・日本最新技術やその設備について、体験したこと、豆知識といった情報をお届けします。
    【京都番外編】情緒のある京都円山公園の洋館「長楽館」
    東京美食logo

    PB230089_convert_20111205111106.jpg

    料亭左阿彌に行く前に、京都の放送局時代の元上司と
    八坂神社前のローソンで待ち合わせをしました。

    ここのローソンは一風変わった看板です。
    京都の有名な看板条例で看板の色も大人しめです。
    ちなみにマクドナルドの看板も他所とは色が違います。

    PB230087_convert_20111205111046.jpg PB230091_convert_20111205111133.jpg
    PB230092_convert_20111205111155.jpg PB230093_convert_20111205111240.jpg
    PB230094_convert_20111205111303.jpg PB230096_convert_20111205111404.jpg
    PB230095_convert_20111205111338.jpg

    料亭左阿彌に行く際、八坂神社を抜けて行きます。

    八坂神社、知恩院に隣接した円山公園は
    明治19年(1886年)開園。
    桜の名所としても有名で、国の名勝に指定。
    圓山公園とも表記されます。

    もとは、以前、料亭左阿彌をご紹介しましたときの
    安養寺六坊や祇園感神院の坊舎などが
    維新の時に官収された跡地を
    政府の公園設置の太政官符により公園としたもので
    現在の園内にある回遊式の日本庭園は
    小川治兵衛が計画しましたが
    小川治兵衛は、ほかにも山縣有朋公邸の無鄰菴、
    平安神宮、三井家・岩崎家・細川家等
    数多くの名庭を残しました。

    桜の名所である円山公園の枝垂桜は
    「一重白彼岸枝垂桜」(ひとえしろひがんしだれざくら)
    という品種で、現在は2代目。
    花見のシーズンにはライトアップもされて
    深夜でも花見のできる場所です。
    今の時期が紅葉の季節なので
    桜の画像をお見せできないのが残念です。

    PB230098_convert_20111205111428.jpg PB230101_convert_20111205111549.jpg
    PB230100_convert_20111205111525.jpg

    八坂神社を抜けて、料亭左阿彌に行く途中には
    その円山公園にひときわ目を引く洋館があります。

    その洋館、長楽館は、
    明治時代の実業家で「煙草王」と称された村井吉兵衛が
    私財をなげうって作った京都別邸、京都の迎賓館として建設され
    鹿鳴館をしのぐとも言われて
    華やかな時代の1ページを築きました。

    建築100周年の名館は
    外観はルネッサンス様式を基調にしていて、
    1階部分が石張り、2階及び3階部分がタイル貼り。

    室内の雰囲気は各部屋ごとに異なる様式で
    1階の迎賓の間は日本西洋館で現存する唯一の
    ロココ様式になっています。

    家具のほとんどは、当時の日本では購入できないもので
    輸入されたもので当時のものがそのまま残されていています。

    長楽館の名前の由来は、
    伊藤博文が 木戸孝允の墓参の際、
    完成したばかりの長楽館へ滞在し、
    窓からの眺望に感銘し、
    遍額に「長楽館」と記したことに由来しています。

    長楽館へは、英皇太子ウェールズ殿下、
    米副大統領フェアーバンクス、米財閥のロックフェラー、
    それに山県有明、大隈重信等錚々たるメンバーが門客で
    その情緒を今ももっているわずか6室の小さくて贅沢なホテルです。

    京都市指定有形文化財。

    東京帰京の際、京都からのお土産を買って帰りました。

    PB250005_convert_20111205111745.jpg PB250006_convert_20111205111826.jpg
    PB250013_convert_20111205111913.jpg

    料亭下鴨茶寮の「黒豆ぶどう煮」。
    安政3年(1856年)創業下鴨神社御用達の料亭下鴨茶寮。
    丹波の黒豆をふんわり仕上げたものです。

    PB250008_convert_20111205111850.jpg PB260014_convert_20111205111936.jpg
    PB260015_convert_20111205112000.jpg

    京菓子満月の「阿闍梨餅」。
    丹波大納言をもち米ベースの生地に包んだ上品なお菓子です。

    PB250001_convert_20111205111721.jpg PB250002_convert_20111205111646.jpg

    帰京すると元上司から料亭左阿彌の御礼に
    するがや祇園下里の「京ぜんざい」をいただきました。
    文政元年(1818年)に創業した老舗『するがや祇園下里』。
    丹波大納言の形をきちんと残し甘すぎず、すっきりとした
    雑味のない上品な味ということですので
    お正月のお楽しみです。


    東京美食logo
    スポンサーサイト