FC2ブログ
    ブログ!新鮮と美味しさのテイスティ・モーサルズ
    今日1日の出来事。 美味しい食材や料理、そしてレストランの紹介の他、 新鮮で美味しく届けるための世界的・日本最新技術やその設備について、体験したこと、豆知識といった情報をお届けします。
    株式会社テイスティ・モーサルズ会社事務所開きを開催
    東京美食logo

    P9260506_convert_20111015200853.jpg

    出張続きで中々開けませんでしたが
    10/9、会社事務所開きを行いました。

    会社設立日は7/29ですから2カ月ちょっと過ぎました。

    CIMG1187_convert_20111017014307.jpg CIMG1188_convert_20111017014412.jpg

    事務所も手狭なため
    以前住んでいました溝の口の飲み仲間で
    会社設立を応援していただいてるメンバー限定でご招待し、

    私の設立した会社のお披露目と
    会社の推奨する「氷温食品」を知っていただく
    良い機会になればと

    1次会は弊社事務所で
    2次会は事務所近くのベーカリーレストラン「沢村」にて
    事務所開きを行いました。

    PA090034_convert_20111015200916.jpg PA090036_convert_20111015200934.jpg

    1次会では
    乾杯の挨拶を行った後、私の手作りオードブルの他、
    通常の倍のうま味成分があって
    プリプリしている「氷温熟成あさり」を
    「生クラム」や「蒸しアサリ」にして
    「氷温食品」の素材そのものが持つ「うま味」を
    体験していただきました。

    日本では生で食べられることはほとんどないアサリや
    ジューシーなスープが口の中に広がる蒸しアサリに
    招待したお客様から感動お声を頂戴しました。

    PA080021_convert_20111015203407.jpg

    また、お酒は
    ビールの後、
    「氷温ひやおろし 千代むすび 純米吟醸 強力」を
    冷酒にてお出ししましたが、

    1時間程度の1次会ですが
    フルーティでワインのような飲みやすい口当たりに
    1升瓶半分程度は空いてしまいました。

    豐「譚・_convert_20111015203704

    2次会は
    軽井沢や東京丸の内の新丸ビルにもある
    有名なベーカリーレストラン「沢村」で
    ワインとバケットに合ったプロの料理を
    「氷温食品」で体験していただこうと
    セッティングしました。

    1次会で既に皆さん
    エンジンがかかってきたみたいで
    会話も弾んでいます。

    PA090040_convert_20111015201131.jpg PA090039_convert_20111015201109_20111015204017.jpg

    PA090041_convert_20111015201157.jpg PA090045_convert_20111015201251.jpg

    PA090051_convert_20111015201434.jpg PA090052_convert_20111015201510.jpg

    PA090060_convert_20111015201827.jpg CIMG1195_convert_20111017014430.jpg

    CIMG1196_convert_20111017014447.jpg CIMG1199_convert_20111017014507.jpg

    CIMG1200_convert_20111017014530.jpg CIMG1202_convert_20111017014548.jpg
    *NECソフトウェア統括部長や
     元ダカーポの副編集長、
     都内で数店舗の居酒屋tikaを経営する
     ネパール人で釈迦族の末裔、
     京町家飯田橋店の板長、
     溝の口のやきとり樹下夢のママ、
     岐阜から参加してくれた富士通の携帯アプリ開発者他、
     ご参加して頂きました。

    頼んだ赤ワインは
    少しどっしりした
    エラスリス エステートのワイン。

    PA090038_convert_20111015201047.jpg PA090042_convert_20111015201224.jpg

    PA090062_convert_20111015201903.jpg

    お店側の料理は
    沢村ご自慢の「バケット盛り合わせ」に
    各種の「オリーブ」
    牛のハチの巣の入った「トリッパ」。
    軽井沢の野菜とお肉の「炭火焼」。

    そして今回特別に
    「氷温食品」で作っていただいた
    企画料理で、

    PA090050_convert_20111015201404.jpg

    うま味があって美味しい
    「氷温ブリフィレ」で作っていただいた
    ブリのカルパッチョ。
    口の中でうま味がとろける料理です。

    PA090056_convert_20111015201803.jpg

    そして葉ワサビをのせたブリの炭火焼。
    ブリのうま味を
    葉ワサビでサッパリとまとめた一品です。

    PA090067_convert_20111015201935.jpg PA090071_convert_20111015202041.jpg

    通常の倍のうま味成分があって
    プリプリしている活きのいい
    「氷温熟成あさり」で作って頂いた
    2種類のアヒージョ。

    オリーブオイルとガーリックバターが
    ジューシーなアサリのジュースと絡み合って
    バケットの相性もとっても良い料理でした。

    次々に料理が出され
    赤ワインが10本も空きました。

    PA090054_convert_20111015201713.jpg

    また面白い食後酒で
    ワインのブドウの搾りかすを発酵させ
    ブドウの香りを程よく残す美酒「グラッパ」
    の12年物を3杯ほど体験していただきました。

    ちなみにその「グラッパ」は60度もありました。

    「グラッパ」と言う名前の由来には二つの説があって
    1つは北イタリアでブドウの房を意味する「grappolo」で
    もう一つは「バッサーノ・デル・グラッパ」
    (グラッパの山の下)という町の名前からきているそうです。

    手土産として
    弾力がってふわっとしている「氷温栗入りどらやき」
    うま味があって美味しい「氷温ブリフィレ」
    をお渡ししました。

    PA080030_convert_20111015210008.jpg

    ちなみにドラえもんも好きなこの「どらやき」は
    鳥取県米子の丸京製菓の商品。
    年間1億3000万個の生産で海外15カ国で販売、
    世界で1番販売しているどらやきの会社です。
    日本はもちろん、アメリカでもトップの販売です。

    ご招待した方々、
    お心遣い有り難うございます。

    PA080012_convert_20111015202228.jpg PA090031_convert_20111015202340.jpg

    PA070003_convert_20111015202311.jpg

    また事務所開きにあたり
    「氷温ひやおろし 千代むすび 純米吟醸 強力」と
    「氷温栗入りどらやき」を
    ご提供いただきました社団法人氷温協会様、

    「氷温ブリフィレ」を
    ご提供いただきました株式会社サンテベール様、

    「氷温熟成あさり」を
    ご提供いただきました六花社様、

    美味しい氷温食品をご提供していただいた協賛社の方々
    誠に有り難うございます。

    2次会にてご協賛社のご紹介を
    させていただきました。

    以前勤務していた会社の同僚や上司、
    ビジネスの事例研究会メンバー、
    氷温関連各社様、
    お声をかけていない溝の口のメンバー、
    京都や鳥取の方々、その他、
    たくさんのお世話になっている方がいます。

    ご招待したかったんですが
    事務所が手狭にてご招待できず
    大変申し分けございませんでした。

    今後とも株式会社テイスティ・モーサルズを
    宜しくお願い申し上げます。

    事務所開きを終え
    後日、手狭で招待できなかった
    20年来の友人夫妻を別途招待し
    「氷温ブリフィレ」で作ったで私の手料理を
    食していただきました。

    PA130001_convert_20111015210737.jpg

    スパークリングワインを差し入れしていただき
    乾杯の後

    PA120010_convert_20111015202517.jpg PA120014_convert_20111015202602.jpg

    私がお出したのは

    ・ブリ大根
    ・ブリの漬け
    ・オリーブオイルで塩と荒挽き胡椒で炒め
     一旦冷蔵庫で冷やし、煮ごりを少しかけた冷製ブリフレーク

    これも大好評でした。
    私の腕というよりきっと素材の味ですね。

    「ブリ大根」は翌日も食べるといって
    タッパに入れて持って帰っていただきました。


    東京美食logo
    スポンサーサイト