FC2ブログ
    ブログ!新鮮と美味しさのテイスティ・モーサルズ
    今日1日の出来事。 美味しい食材や料理、そしてレストランの紹介の他、 新鮮で美味しく届けるための世界的・日本最新技術やその設備について、体験したこと、豆知識といった情報をお届けします。
    歴史と魅力あふれる伯耆の国の大山散策と、赤碕港 ④
    東京美食logo

    大山近くにはハイキングでも有名な場所で
    延々と約600mにもおよぶ屏風岩がそびえる断崖絶壁「船上山」があります。

    この辺り一帯には後醍醐天皇にまつわる数多くの逸話が残っています。

    この山は鎌倉時代末期の元弘3年(1333年)、執権北条氏によって
    隠岐島に流されていた後醍醐天皇が島を脱出、伯耆の国に上陸し、
    新政復活を誓って立てこもった山として知られています。

    後醍醐天皇を迎えた名和長年(なわながとし)は、
    天皇を擁して船上山に兵を挙げ、幕府方の兵を迎え撃ちます。

    やがて足利尊氏(あしかがたかうじ)らにより北条氏は滅亡、
    天皇は5月に船上山を出発して京都に帰還しますが
    この間80余日を船上山で過ごされたことから、
    山頂は船上山行宮跡(あんぐうあと)として国史跡に指定されています。

    また福岡県西光寺(さいこうじ)に伝わる梵鐘(ぼんしょう)(国宝)は、
    船上山にあったと考えられている伯者国金石寺の鐘が後に
    出雲大社に奉納され、その後も流転を続けたものと伝えられています。

    日本海を望んでは県下有数の漁港・赤碕港というのがあります。
    享保・寛政年間(1716~1789年)に築港の記録が残っている古くからの港で
    江戸時代の赤碕の港は、鳥取藩十湊(みなと)のひとつで
    藩政期には、船改めなどを行う船番所が設置されます。

    年貢米を納める藩倉(はんそう)・灘御蔵(なだおくら)が建ち並び、
    旧八橋郡のうち48ケ村の年貢米1万3千俵が収納されるとともに、
    港には大坂に廻送する千石船、北前船も多く係留されていました。

    鳥取県中部の倉吉市の産物やその原料、そして日用品等の移出入に
    赤碕港が使用されるなど商港としても発展し、
    赤碕は宿場町として、陸海の交通の要所として栄えました。

    幕末には異国船に備えた海岸防備のための
    赤碕台場(砲台)も造られました。

    文政2年(1819年)、朝鮮国江原道平海州を出た商船が冬の日本海で遭難し、
    赤碕の沖合で漂流しているのを赤碕番所の役人が発見しています。
    この漂流朝鮮人を手厚く保護し、長崎を経由して本国に送り帰し、
    この地に漂着した韓国船を2度にわったて救助した史実が、
    今の鳥取県と韓国江原道の交流の礎となっています。

    現在の赤碕港はアゴの水揚げ量県内一(昨年約89t)を誇り、
    5月中旬から7月中旬にかけてアゴ漁に繰り出します。

    P5290352_convert_20120605161938.jpg P5290353_convert_20120605161917.jpg
    P5290354_convert_20120605161956.jpg P5290363_convert_20120605162244.jpg
    P5290355_convert_20120605162015.jpg P5290358_convert_20120605162112.jpg
    P5290361_convert_20120605162205.jpg P5290364_convert_20120605162304.jpg
    P5290368_convert_20120605162418.jpg P5290369_convert_20120605162437.jpg

    道の駅、ポート赤碕内にある活魚・鮮魚直売センターでは
    赤碕港などで水揚げされた山陰沖の魚介類が30種類以上が揃います。
    県外の料理店からも仕入れに来るという場所です。

    ここで実家の夕飯用に角あごとニーナ貝を買って帰りました。

    P5290366_convert_20120605162340.jpg

    山陰や九州地方では飛び魚をアゴと呼びますが、
    名前の由来ははっきりしていませんが、
    「あごが外れるほどおいしい」などの説があります。
    身は弾力に富み、歯応えと濃いうま味が特徴です。

    各地で獲れるホソトビウオは頭部や
    体つきが丸いことから丸トビ(丸アゴ)と呼ばれ、
    頭部が角ばっているツクシトビウオを角トビ(角アゴ)と呼びます。
    ※太平洋側ではハマトビウオも角トビと呼ぶ場合もあります。

    P5290370_convert_20120605162457.jpg P5290371_convert_20120605162516.jpg

    ニーナ貝は、地方のよってニナ、ビナ、シリタカ、シッタカ、
    カジメダマ、サンカクミナとも言います。ニ-ナとは巻貝を意味です。

    関東では市場に入荷してくるのは太平洋側のバテイラ、
    日本海側のオオコシダカガンガラの2種が、
    どちらもシッタカ(尻高)と呼ばれています。

    バテイラは磯の香りが濃い味ですが、ややあっさりしていて、
    塩ゆでして食べます。磯の塩が程よいので塩はほとんど要りませんが。

    P5290385_convert_20120605163306.jpg

    夕飯で食べたのは、

    P5290384_convert_20120605163246.jpg P5290387_convert_20120605163347.jpg
    角アゴの刺身と山蕗の山椒煮(フキ)

    P5290386_convert_20120605163323.jpg
    角アゴのあら汁

    P5290388_convert_20120605163407.jpg
    えんどう豆の炒め物

    P5290382_convert_20120605163208.jpg P5290383_convert_20120605163227.jpg
    P5290389_convert_20120605163426.jpg P5290391_convert_20120605163444.jpg
    P5290396_convert_20120605163602.jpg P5290397_convert_20120605163621.jpg
    ニーナ貝の塩茹

    P5290393_convert_20120605163502.jpg P5290394_convert_20120605163523.jpg
    P5290395_convert_20120605163544.jpg
    賀茂鶴


    東京美食logo
    スポンサーサイト
    叙々苑 游玄亭 西麻布本館。明治神宮・表参道を案内
    東京美食logo

    父と妹が事務所を訪ねてきて、広尾に宿泊。
    父の希望でお肉が食べたいということで、
    西麻布の叙々苑 游玄亭でランチをすることに。

    P2270247_convert_20120229195357.jpg P2270248_convert_20120229195416.jpg
    P2270249_convert_20120229195433.jpg P2270250_convert_20120229195451.jpg
    P2270253_convert_20120229195510.jpg P2270254_convert_20120229195532.jpg
    P2270255_convert_20120229195552.jpg P2270281_convert_20120229201144.jpg
    P2270282_convert_20120229201200.jpg

    叙々苑 游玄亭 西麻布本館は、
    著名人、文化人、トップアスリートなどの来店も多く、
    叙々苑グループの最高峰のお店で、
    丹念に吟味された上質な素材もののが盛りだくさんです。

    叙々苑の創業は昭和51年で
    高級焼き肉店のはしりのお店で有名ですが
    帰りにいただくガム、タン塩にレモン
    デザートとして出されるアイスなど
    焼肉屋として初めてのサービスを次々と発案しています。

    今回いただいた料理は

    P2270264_convert_20120229195722.jpg P2270265_convert_20120229195805.jpg
    P2270259_convert_20120229195619.jpg P2270260_convert_20120229195643.jpg
    カルビランチ
     焼物(カルビ・海老)、叙々苑サラダ、ナムル、
     ミックスキムチ、ライス、スープ、コーヒー

    P2270262_convert_20120229195700.jpg P2270270_convert_20120229195937.jpg
    焼き肉ランチ
     焼肉(国産牛)、ランチサラダ、
     ミックスキムチ、ライス、スープ

    P2270268_convert_20120229195910.jpg
    たんざく厚切り牛タン塩だれ焼ランチ
     牛タン、サラダ、キムチ、わかめスープ、冷や奴
     塩だれが美味いです。

    P2270280_convert_20120229201127.jpg
    サラダのドレッシングは3種類。
     コチュジャンマヨネーズ、辛口のドレッシング他

    P2270271_convert_20120229200936.jpg P2270272_convert_20120229200953.jpg
    P2270274_convert_20120229201010.jpg P2270276_convert_20120229201030.jpg
    P2270278_convert_20120229201110.jpg
    焼き肉風景

    P2270284_convert_20120229201217.jpg P2270286_convert_20120229201234.jpg
    コーヒー
     器もきれいです。

    P2270287_convert_20120229201338.jpg P2270288_convert_20120229201358.jpg

    お腹もいっぱいになって
    タクシーで明治神宮へ。

    昨年友人がここで結婚式を挙げていますが
    ここも何度か来ています。

    この時期は少し肌寒いですが、
    夏は木々もあって涼しくて気持ちい場所です。

    大きな鳥居があって
    そこから御社殿までは結構歩いて
    御社殿近くのパネルで
    明治からの歴史にも触れることができます。

    明治神宮の正式な表記は
    「宮」の「呂」の中間の線が入りません。

    明治神宮は、大正9年、創建で
    代々木は名前を見て想像つくと思いますが
    もともと雑木林で、そこを切り開いて
    明治神宮はつくられています。

    また、普通の神社の建築形式は、
    大社造(たいしゃづくり)・神明造(しんめいづくり)
    ・八幡造(はちまんづくり)の3つが有名ですが
    明治神宮は、流造(ながれづくり)。
    「平入り」という神明造の特徴を持ちながら
    反りのある屋根を長くのばした
    洗練されたイメージの建築様式です。

    P2270289_convert_20120229201416.jpg
    鳥居

    P2270290_convert_20120229201436.jpg P2270291_convert_20120229201527.jpg
    P2270297_convert_20120229201710.jpg P2270315_convert_20120229202336.jpg
    南参道

    P2270318_convert_20120229202352.jpg
    灯篭

    P2270293_convert_20120229201604.jpg
    フランスのブルゴーニュから献納されたワインの樽

    P2270295_convert_20120229201633.jpg
    大鳥居

    P2270298_convert_20120229201735.jpg P2270299_convert_20120229201800.jpg
    P2270301_convert_20120229201824.jpg P2270302_convert_20120229201842.jpg
    P2270303_convert_20120229201903.jpg P2270304_convert_20120229201935.jpg
    P2270306_convert_20120229202024.jpg P2270307_convert_20120229202041.jpg
    P2270308_convert_20120229202101.jpg P2270309_convert_20120229202124.jpg
    P2270312_convert_20120229202219.jpg P2270313_convert_20120229202237.jpg
    御社殿

    P2270310_convert_20120229202143.jpg P2270311_convert_20120229202201.jpg
    西参道

    P2270319_convert_20120229202411.jpg
    「うつせみの 代々木の里は しづかにて
     都のほかの ここちこそすれ」(明治天皇)

    明治神宮参拝も終わって
    父と妹を連れて表参道を少し散歩しました。

    表参道は、1920年(大正9年)に創建された
    明治神宮の正面側参道として整備された道路で
    けやき並木で有名です。

    私も学生時代の終わりくらいの
    1991年(平成3年)から1998年(平成10年)まで、
    年末年始にケヤキ並木に電飾するイルミネーションイベントが
    行われていました。
    バブルはじける前でしたのでとても華やかなイメージです。

    途中、観光客による周辺環境の悪化などを理由に
    中止されていましたこのイルミネーションも、
    2009年(平成21年)の年末年始に11年振りに
    「表参道 H.I.S イルミネーション ベルシンフォニー」として
    復活し、なんだか懐かしい気分になりました。

    P2270320_convert_20120229202513.jpg P2270321_convert_20120229202532.jpg
    P2270322_convert_20120229202549.jpg P2270326_convert_20120229202619.jpg
    また、1927年(昭和2年)に建てられ、
    2003年(平成15年)取り壊しとなった
    同潤会青山アパート跡地には、
    2006年(平成18年)に安藤忠雄氏設計のファッショナブルな
    「表参道ヒルズ」が開業しています。

    スパイラルスロープでまわるつくりは「どの階にいるの?」って
    思いますが、おもしろいデザインの建物です。

    P2270331_convert_20120229202756.jpg P2270327_convert_20120229202640.jpg
    P2270328_convert_20120229202657.jpg
    表参道も青山通り近くまで歩き
    アニヴェルセル・カフェでお茶をすることに
    今の表参道らしい、スタイシッシュなカフェです。

    服飾関係のお仕事をしている方も多く来店されています。
    少し歩いた疲れをここでホッと一息。
    休憩することができました。

    P2270330_convert_20120229202737.jpg P2270329_convert_20120229202720.jpg
    カプチーノ


    つづく(次回は、東京観光案内最終話)


    東京美食logo
    動物と一緒にいける広尾のカフェ。BONDI CAFE
    東京美食logo

    IMG_0082_convert_20120111024823.jpg IMG_0081_convert_20120111024804.jpg

    何度かお邪魔しているんですが
    今回はモーニングで行ってきました
    「BONDI CAFE(ボンダイ・カフェ)」.

    平日のお昼とかは
    愛犬を一緒に連れて入る
    近所のマダム達でいっぱいのカフェです。

    カフェの名前の由来のボンダイビーチは
    オーストラリアで最も有名なビーチで
    1キロにわたる黄金の砂浜は
    シドニーに近いこともあって、
    その上流社会の人たちが多く集う場所でもあります。

    なんで広尾なの?という話はさておき
    少々値段がするカフェですが
    サーファのオーナーの経営するカフェの雰囲気は
    木目素材のをうまくスタイリッシュに取り入れ
    のんびりゆったり時間が過ごせるカフェです。

    今回は、六本木のCafe Frangipaniスタッフの
    ゆうこちゃんのモモンガのパニちゃんを
    お披露目してもらうために
    出勤前にモーニングでボンダイカフェで待ち合わせ。

    IMG_0073_convert_20120111024516.jpg
    IMG_0080_convert_20120111024746.jpg IMG_0079_convert_20120111024728.jpg
    IMG_0078_convert_20120111024703.jpg IMG_0077_convert_20120111024642.jpg

    モモンガむっちゃくちゃ可愛いです。

    このモモンガは六本木のCafe Frangipaniに
    行けば会えますよ。


    正月明けのモーニングは
    少し人もまばらでゆったりできました。

    ここの名物はアサイーボウルとパンケーキ。

    IMG_0075_convert_20120111024559.jpg

    アサイーボウルはハワイの食べもので
    作ってあるものを見ると
    一見、小豆かな?って思われる方もいるかもしれませんが
    味わ全く違います。

    アサイー(acai)はヤシ科の植物。 
    ポリフェノールは、ブルーベリーの18倍。
    鉄分・カルシウム・食物繊維にアミノ酸・ビタミン。
    栄養いっぱいのフルーツです。

    アサイーを、ピューレして
    シリアル・フルーツ・ハチミツをトッピングしたものが
    アサイーボウルです。

    冷たい食べ物で、朝はガッツリではなく
    さらっと食べたい方には、ぴったりの食べものです。

    IMG_0076_convert_20120111024620.jpg

    パンケーキもふんわりでとても美味しいです。
    ソースが選べるんですが
    自家製オリジナルのフルーツソースが人気とのことです。

    IMG_0074_convert_20120111024539.jpg

    ドリンクはグァバジュースと
    teaはいろいろ種類がありますが
    レモングラスにジンジャーをたっぷりブレンドした
    「Feel Warm(フィールウォーム)」をいただきました。

    To be contiued.
    次回は代官山カフェ特集です。


    東京美食logo
    美味しいお節。千葉稲毛海岸でお正月、叔父宅訪問
    東京美食logo

    新年は鳥取の実家に帰省しなかったので、
    千葉の稲毛海岸の叔父宅で1泊でのんびり。

    P1030015_convert_20120107223432.jpg P1030014_convert_20120107223357.jpg
    叔父             叔母

    P1040030_convert_20120107223810.jpg
    従兄弟

    叔父、叔母、従兄弟が迎えてくれました。

    お節もご馳走になって
    親戚で水入らずで、お酒も沢山飲んで
    ご機嫌さんになりました。

    頂いたお酒は

    P1030005_convert_20120107223301.jpg
    サントリープレミアムモルツ(黒)
     いい水使ってとってもまろやかな黒ビール。

    P1030027_convert_20120107223750.jpg
    焼酎「長期貯蔵 百助」
     高い香り、口当たりはまろやかです。
     大分県下最古の蔵元で文化元年(1804年)創業の
     井上酒造のお酒。
     井上酒造は、井上準之助蔵相の生家です。

    「今年はお節はあんまり作らなかったのよ」と
    叔母は言っていましたが、十分、盛りだくさんです。

    P1030008_convert_20120107223200.jpg
    黒豆
     元気に働けますように

    P1030022_convert_20120107223625.jpg
    慈姑(くわい)
     芽が出ますように!
     大きな芽が出ることから「めでたい」、
     芽が出る=出世を祈願。
     昔、平仮名の「か」を「くわ」と表したので、
     くわい=かい=快から、一年を快く過ごせるように。

    P1030024_convert_20120107223647.jpg
    数の子
     子宝と子孫繁栄。

    P1030010_convert_20120107223325.jpg
    牛肉のゴボウ巻に干ぴょう、そして、昆布巻き
     ごぼう地中に深く根を張ることから
     昆布巻きは「よろこぶ」の語呂合わせから。

    P1030021_convert_20120107223607.jpg
    お重
     蒲鉾は祝儀用としてめでたい彩りから。
     元は神饌の赤米、白米を模したもの。
     お節料理は、重箱詰めされた料理のみを指していて
     重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という
     縁起をかついだものです。

    お節以外も盛りだくさん。

    P1030019_convert_20120107223546.jpg
    お刺身

    P1030025_convert_20120107223728.jpg
    茶碗蒸

    P1030018_convert_20120107223524.jpg
    やたら漬(鳥取県産)
     山椒の葉が一緒に漬けてあって絶品。

    翌日、朝起きて
    朝ご飯はお雑煮です。

    P1040033_convert_20120107223832.jpg
    雑煮。
     醤油であっさり。
     青海苔と鰹ぶし、そして西日本では丸餅。

    P1040034_convert_20120107223852.jpg P1040035_convert_20120107223918.jpg
    P1040036_convert_20120107223940.jpg P1040037_convert_20120107224003.jpg

    そして、お雑煮の後、初詣は自転車で稲毛の浅間神社に。

    P1040038_convert_20120107224027.jpg P1040039_convert_20120107224049_20120107231422.jpg
    P1040040_convert_20120107224109.jpg P1040047_convert_20120107224342.jpg
    稲毛の浅間神社.
     808年(大同3年)に富士山本宮浅間大社から
     勧請したのに始まるとされています。
     各地に広がる浅間神社ですが、
     その大元、富士山本宮浅間大社は、
     第7代孝霊天皇の御代、富士山が大噴火をしたため、
     周辺住民は離散し、荒れ果てた状態が長期に及んだとあります。
     第11代垂仁天皇はこれを憂い、
     その3年(前27)に浅間大神を山足の地に祀り
     山霊を鎮められました。これが大社の起源です。

    P1040041_convert_20120107224131.jpg P1040042_convert_20120107224152.jpg
    P1040043_convert_20120107224215.jpg P1040044_convert_20120107224235.jpg
    P1040045_convert_20120107224300.jpg P1040046_convert_20120107224321.jpg
    甘酒で、寒さも吹き飛びました。
    叔父夫妻も仲良く笑顔に。

    お正月は親戚と気兼ねなくゆっくり過ごせました。
    今年も宜しくお願いします。

    皆さんはお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
    皆さんにとっても良い年でありますように。


    東京美食logo
    【番外編】父の従兄のお墓参。川端康成も眠る鎌倉霊園
    東京美食logo

    鎌倉へ行った目的は
    イタリアンのお店リッチョーナでも
    県立近代美術館鎌倉のシャルロット・ペリアン展でも
    ありませんでした。

    今年、父の従兄が亡くなり、
    私の会社設立と重なってのバタバタもあって
    お墓参りは、お葬式の後
    漸くしてから行くことになったわけです。

    PC130021_convert_20111220031925.jpg PC130019_convert_20111220031858.jpg
    PC130018_convert_20111220031833.jpg PC130001_convert_20111220024736.jpg
    PC130003_convert_20111220024806.jpg PC130002_convert_20111220024701.jpg
    PC130017_convert_20111220031809.jpg PC130013_convert_20111220031429.jpg

    お墓は鎌倉霊園で
    鎌倉か金沢八景から車で少し行ったところ。

    PC130014_convert_20111220031503.jpg PC130012_convert_20111220031351.jpg
    PC130016_convert_20111220031739.jpg PC130015_convert_20111220031634.jpg
    PC130010_convert_20111220031218.jpg

    随分景色の良い高台にあるところで
    ここは天気が良いと相模湾、富士山、
    そして伊豆大島まで望められる場所です。

    PC130008_convert_20111220024934.jpg PC130007_convert_20111220024907.jpg

    お墓のある場所は、丁度、
    川端康成のお墓の斜め後ろ、堀口大学のお墓の後ろ
    とあって大きなお墓の多い場所でした。

    私の家系は
    京都の40代といった長い家系ではないですが
    鳥取の福本家の6代目になります。
    6代目といっても実家が商売をしているわけでもないですが
    戦前は中地主の家系でした。

    私の父の伯父は福本和夫といって
    福本イズムで有名な共産党の理論的指導者です。
    東京帝国大学を首席で卒業後、欧米に国費留学し
    マルクスの影響を受け日本共産党の再建。
    プロレタリア芸術運動の展開に大きな影響を与え
    当時の非スターリン主義的思想で一世を風靡をした人物です。

    留学時代には、当時の有名な洋画家で
    人物写実画の名手の前田寛治と交流し
    松江高等学校の教授時代には
    元総理大臣の竹下登の母親や私の祖父を
    教えていたこともあります。
    著書「日本ルネサンス史論」を執筆、史家としても有名です。

    お墓参りは、その息子、
    つまり父の従兄弟のお墓参りになります。

    名前は、福本邦雄。
    東京大学卒業後、産経新聞の記者兼研究員をし、
    岸内閣の時の官房長官、椎名悦三郎の秘書となり
    政界のフィクサーとなっていきます。

    善いも悪しきも
    政治と経済が歩調をそろえて
    経済成長を作り出していく中心人物になります。

    歴代の総理大臣、中曽根から小渕までの
    政治団体の世話人や代表を歴任し、竹下登の創政会結成にも
    大きく関わっている人物でしたので
    葬儀の時は元総理大臣や有力議員の弔辞や弔電でした。

    P8110020_convert_20111220032030.jpg P8110021_convert_20111220032113.jpg

    邦雄さんは、私の中学時代や高校時代に
    時々、私の実家を訪ねて宿泊されていかれましたが
    政治の仕事以外に、時間があると
    歌集など本の原稿を執筆するのに
    没頭されていたのを覚えています。

    そして私は大学時代、東京で過ごしていましたので
    時々、邦雄さんの経営する画廊を訪れて
    少し緊張しながらもマスコミの話や絵の話など
    いろんなお話を聞かせていただきました。

    銀座の旧都庁近くの国際ビル内にあった画廊には
    当時日本No.1の画商とも言われるくらいでしたので
    ロダンの彫刻や洋画家の黒田清輝の絵が飾ってあったのが
    今でも印象に残っています。

    日本の激動の時代の舵をとっていた人物も
    今では鎌倉の高台から静かに眠っていることと思います。


    東京美食logo